PRODUCT LINEUP

R nineT HISTORY

R nineT

2017年、BMW Motorradは「R nineT(アール・ナインティ)」ファミリーにニューモデルを複数追加。R nineTファミリーはバリエーション豊かに、そしてその魅力をさらに高めることができました。

2014年にデビューした「R nineT」を頂点に、2016年には日本上陸を果たした「R nineT Scrambler/スクランブラー」を加え、そして今年ロケットカウルを装着した「R nineT Racer(レーサー)」、ラリーマシンを彷彿とさせる「R nineT Urban G/S(アーバン・ジーエス)」、そしてシンプルな「R nineT Pure(ピュア)」をラインナップ。R nineTファミリーは5モデルを有する、BMW Motorradの中核をなすファミリーとなりました。

2014年に日本上陸を果たした「R nineT」。シンプルなスタイルであると同時に、BMW Motorradのアイコンでもある空冷水平対向2気筒エンジンを搭載し、電子制御技術の搭載を極力控えながらも、スーパースポーツモデル/S 1000 RR直系のサスペンションを採用するなど、次世代のスタンダードモデルとして多くのバイクファンから称賛を浴びました。また日本人カスタムビルダーたちとタッグを組んだ「R nineTカスタムプロジェクト」では、発表した4台のマシンが世界中で話題となり、カスタムシーンにおいてもBMWの存在感を高めました。

R nineT Scrambler

しかし「R nineT」ファミリーの各モデルは、カスタムのためのベース車でも、懐古主義を満たすためのモデルでもありません。空冷水平対向2気筒エンジンやシャフトドライブという、BMW Motorradがその誕生以来受け継ぐ、もっともBMWらしいディテールを受け継ぎ、電子制御技術の採用を極力控えることで、そのDNAをもっとも色濃く味わうことができる最新のモデルファミリーです。

BMW Motorradはその90年以上にわたる長い歴史の中で、バイクで走る歓びとともに、バイクを操るライダーの安全性と快適性を追求してきました。空冷水平対向2気筒エンジンやシャフトドライブはそれを実現するために必要不可欠な要素であり、大型カウルやABSを市販車にいち早く採用するなどして、バイクの新スタンダードを造り上げてきました。BMW Motorradは常に先進性を求め、モダンであることを求め続けているブランドなのです。

R nine T UrbanG/S

「R nineT」ファミリーの充実も、私たちが前進し続けるために必要な要素です。最新の素材や設計技術、加工技術や解析技術を駆使し、BMW Motorradのスタンダードモデルを再構築することは、道路環境や世界経済がめまぐるしく変化する現代において、広がりを見せるBMW Motorradのモデルラインナップという扇の要を強固にすることに等しく、「R nineT」ファミリーが未来志向のスタンダードモデルとして走り続けることを意味しています。

それと同時に「R nineT」ファミリーの充実は、世界中の多くのバイクファンが「R nineT」を支持していただいた証でもあります。デビュー以来「R nineT」は、BMW Motorradのラインナップのなかで、常に上位の販売台数を記録しています。デビュー当時には予想以上のオーダーを頂いたため「R nineT」の生産が追いつかず、世界中のお客様に納車をお待ち頂くほどでした。

R nineT Racer

2017年に複数のファミリーモデルを追加したのは、これまでBMWを経験したことが無かったより多くの、そして新しいバイクファンの皆さんに、「R nineT」ファミリーをきっかけにBMWワールドを知って頂きたいという私たちの願いを込めたからこそ。

オンロードにおけるスポーツ心を満たしたければモダンなロケットカウルを装着した「R nineT Racer」を、カジュアルなオールマイティモデルをお望みなら「R nineT Scrambler」を、冒険心が芽生えたなら「R nineT Urban G/S」を、スタンダードを味わいたいなら「R nineT Pure」を、そしてBMWをリッチに味わいたいなら「R nineT」を。皆さんが走ってきたこれまでのバイクライフと、これからのライフスタイルを掛け合わせ、そこにフィットする「R nineT」ファミリーを用意いたしました。

R nineT Pure

もしかしたら「R nineT」ファミリーの各モデルは、皆さんがいままで経験したバイクとはひと味違う、濃いめの味付けかもしれません。 “フラットツイン”と呼ばれる水平対向2気筒エンジンは縦置きクランクを採用するため車体の重心位置が一般的なバイクとは違います。またフラットツイン・エンジンは大排気量2気筒エンジンではありますが、 “ビッグツイン”と呼ばれる他の大排気量2気筒エンジンからイメージする、“ドコドコ感”などと表現されるエンジンフィーリングとは違います。フラットツインはフラットツインでしか味わうことができない、滑らかで伸びやかで、ビート感に溢れたフィーリングを持っています。なかでもBMW Motorradのブランド創立以来受け継がれてきた空冷のフラットツイン・エンジンは、いまや「R nineT」ファミリーのみが採用しているエンジン形式。そのフィーリングは、水冷へと進化した他のフラットツイン・エンジンよりも刺激的です。

でも、その少し強めの刺激はきっと、あなたのこれからのバイクライフの変化を告げる合図のようなもの。初めましての挨拶がわりに、ガッチリと強いチカラで握られた握手だと思って下さい。そして「R nineT」ファミリーと走る新たなバイクライフは、その刺激がこれからもずっと続くことをお約束します!

R nineT CUSTOM PROJECT

カスタムのしやすさもR nineTシリーズの魅力のひとつ。R nineTカスタムプロジェクトスペシャルサイトへはこちらから。